千の風になって

38年前に弟をガス事故で亡くしました、私にとってこれまででこんな苦しいことはありませんでした。あのとき俺があ~すれば弟は死なずに済んだかもしれない・・・それは私が生きてる限り思い続けることでしょう。思い出すたびに泣いている自分がありました。・・・・・ネットを始めたころにある人が・・千の風になって・・・・という詩を教えてくれました。  その人も最愛の父親を亡くして悲しんでおられていたときでした。その詩にどれだけ励まされたことか・・・
もし、この歌詞のように千もの風になっておいらの周りで見守っていてくれるとしたら・・・いつまでもメソメソしていてはいけないな・・・今度は弟に辛い思いをさせることになるな・・・・・そう思える自分になれた詩でした。

しばらくして秋川雅史さんの歌となって世に出たときには驚きました、歌詞もあのときの詩と全く同じでした。
この歌は一入(ひとしお)ならぬ想い出の歌として心に残っています。
やっと歌えたという実感と満足がいま心のなかに漂っています。






画像

11月4日の普賢岳に沈む夕日です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)